01.はじめに

アドリブを練習するのにいい曲は???
ジャムセッションで一番よくやる曲は???

そう、ブルースです。

この連載はジャズブルースを元にアドリブの練習法、理論などを説明していきます。アドリブををきちんと練習したい、、、アドリブをちょっとかじってみたい、、、そんなあなたのためのブログです。

ここではFのブルースを取り上げてみたいと思います。

つまり

Alto, Baritone Sax → D ブルース
Soprano, Tenor, Clarinet, Trumpet → Gブルース

ということになります。

ブルースとはなんでしょう。  歴史的に話せば長くなりますが、アフリカからアメリカにつれてこられた人たちによって教会や広場などで発生してきた音楽です。

なので、ブルースにはいろいろなバリエーションがありますが、12小節でひとくくり(=1コーラス) というのは共通です。

例えば、、、、通称”ドブルース”、、、という基本形があります。

「1.pdf」をダウンロード (右クリックで”リンクを新しいウィンドウで開く”を選択してください

三つだけのコードからなるシンプルな形で、スリーコードのブルース、、なんていわれます。 この基本形をもとに発展したのが " ジャズブルース” とよばれ、以下ののようになっています。

「2.pdf」をダウンロード右クリックで”リンクを新しいウィンドウで開く”を選択してください

コードがいろいろたくさんついてハーモニーが豊かになっています。 ジャズではこの形が一般的で、ジャムセッションなどでブルースといわれたらこのコード進行を指します。 逆に、ロック系のお店でブルース、、、というとスリーコードのブルースになります。

この連載では、ジャズブルースについて取り上げてみたいと思います。

www.tomosax.net

 

| コメント (0) | トラックバック (0)