31.最初から最後まで

皆様、、、、ご苦労様でした。 最後までたどり着きました。

それではブルースのアドリブ最初からまず最後までやってみてください。

(遅い)

(速い)


いかがでしょう???
うまくいくこともいかないこともあるでしょう。

いくつか練習のポイントを説明してみたいと思います。

鉄則1:まずはゆっくりから

速くやることには何の意味もありません。
ゆっくりから丁寧にやっていくことが重要です。

鉄則2:いつも美しく
いくらフレーズがかっこよくても、それを美しく弾けなければすべてが台無しです。
いつも美しい音、そして、アドリブにおいては8分音符が流れるようにスムースに演奏するようにしましょう。

鉄則3:考えなくても出来るように
繰り返し

考えないと出てこないようでは、アドリブではつっかかってしまいます。
まず練習することを決めましょう。 たとえは一段目の4小節目で裏コードにいくと決めたとします。 最初は考えないとでてこないかもしれませんが、それを繰り返し何度も練習して、考えてないのについ弾いちゃった、、、、、、というふうになるまで続けることが重要です。

以下は、ブルースアドリブ徒然草で学んだポイントを整理した表にしました。
この表を見て、今まで学んだことが考えなくてもできるようになっているかチェックしてみましょう。 

31

出来なくても心配する必要ありません。

もう一度該当するページを読み直して、そこだけゆっくりから練習しなおしましょう。

www.tomosax.net

| コメント (0) | トラックバック (0)